ホラー/ミステリー

【ネタバレあり】『コンジアム』 あらすじ・感想 黒目女ジヒョンが最恐! お化け屋敷体験映画の最高峰!

(C)2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.

こんにちは。

映画とゲーム、そしてカラオケ大好きなニャンコです。

最近Twitterでフォロワーさんがホラー映画を紹介してくれている時があるんですが、たまにメッチャ怖い画像が表示される時があるんですよね。

なんか画面いっぱいに髪の長い黒目女が映し出されているような・・・

正直心臓が止まるくらいビックリしているんですが、同時に映画好きとしては「何の映画何だろう?」と気になってしまうのが心情。

探してみたら早速見つけました!

本日紹介する映画は、そんな心臓が止まってしまうような恐怖画像が話題のホラー映画です。

ちなみにニャンコは映画鑑賞中、何度か心臓が止まりかけました・・・

タイトルは

コンジアム

クロネコ
クロネコ
去年話題になった韓国の超絶ホラー映画じゃん!ニャンコ大丈夫なのか?
ニャンコ
ニャンコ
正直大丈夫じゃないけど、頑張って観たわ!

”ブレア・ウィッチ・プロジェクト”のようなPOV(ポイント・オブ・ビュー)、いわゆる一人称視点で撮影している映画ですね。

ただ今までのPOVとは異なり、

・GoPro(小型のアクションカメラ)を使用し、その場にいるあのような臨場感のある映像を楽しめる

・GoProで登場人物のの表情も映し出し、更なる恐怖感を演出

・映画シーンのほとんどを登場人物が撮影しているため、臨場感が出まくり!

・YouTuberがライブ配信しているスタイルなので、何があってもカメラは止まらない

こういったところが今までのPOVとは大きく異なっています。

特に”登場人物の表情も映し出す”が恐怖を更にかき立てています。

だって恐怖に歪む人の表情ってそれだけでも怖いじゃないですか?

ニャンコ
ニャンコ
思い出しただけでも怖くなってきた・・・

あとネタバレになるので今は詳しく書けないですが、映画史上最恐と言っても過言でない恐怖シーンも、登場人物の表情をアップで映しているからこそですね。

概要・評価

【日本公開】:2019年
【上映時間】:94分
【監督】:チョン・ボムシク
【制作】:キム・ウォング
【配信】:Amazonプライム
海外評価

IMDb 6.3/10.0 Rotten Tomatoes TOMATOMETER 91% オーディエンス 70%

1分でわかる!簡単あらすじ&ここだけポイント

簡単あらすじ

①世界7大心霊スポット”コンジアム”に潜入し、撮影をしていた高校生たちが行方不明になる動画が世間に出回り話題になる。

②視聴者回数でお金を稼ごうとするYouTuberの若者たちが、コンジアムへのライブ配信を試みる。

③当初はヤラセ番組で視聴者数を稼ごうとしていたが、段々とヤラセではない怪奇現象が起き始める

④最後は怨霊のオンパレード!
若者たちは全員行方不明となり、ライブ配信も行われていませんでしたとさ…

ここだけポイント

①最新カメラを使用した臨場感溢れる映像

②登場人物がスター俳優じゃない、だからこそ誰が死ぬのか予想ができない

③登場人物の表情が見れるのが良い!特に恐怖に歪む表情は最高!

④謎を解き明かすことなく、絶望感漂うラストも最高!

あらすじ

”YouTubeで恐怖動画を配信する人気チャンネル「ホラータイムズ」が一般からの参加者を募り、コンジアム精神病院への潜入を計画する。
主宰者ハジュンを隊長とする7人の男女は、いくつものカメラやドローン、電磁検出器といった機材を現地に持ち込み、深夜0時に検索を開始。
100万ページビューを目標に掲げるハジュンの演出も功を奏し、サイトへのアクセス数は順調に伸びていく。
しかし院長室、シャワー室と浴室、実験室、集団治療室を探索するうちに、ハジュンの想定を超えた原因不明の怪奇現象が続発。
やがて悪夢の迷宮と化した病院内を泣き叫んで逃げまどうはめになった隊員たちは、世にもおぞましい「402号室の呪い」の真実に触れることに…”

引用:コンジアム公式サイト

画像1(C)2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.

世界7大心霊スポットとは?

こちらの7つが世界7大心霊スポットと呼ばれているそうです。

どれもメチャクチャ怖そうですよね・・・

①ウクライナのチェルノブイリ遊園地

②チェコのセドレツ納骨堂

③日本の青木ヶ原樹海

④トーゴのアコデセワのブードゥー崇拝市場

⑤メキシコのソチミルコの人形島、

⑥日本の軍艦島

⑦実在の廃病院「昆池岩(コンジアム)精神病院」 ※映画の舞台

以上7つが2012年CNN(アメリカのニュースチャンネル)が選定した世界7大心霊スポットです。

クロネコ
クロネコ
日本から2つも選出されているのかよ…日本ヤバ過ぎだろ!
ニャンコ
ニャンコ
  ニャンコはどこにも行きたくないし、行く予定もない!

登場人物

ハジュン

ホラータイムズのリーダー。
視聴者数を稼ぐため、世界7大心霊スポットである”コンジアム”の潜入ライブ中継を計画し実行する。
目的のためには手段を選ばない性格の持ち主。

画像9(C)2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.

ソンフン

ホラータイムズのメインカメラマン。

スンウク(中央)

ホラータイムズのメンバー。
”コンジアム”のライブ中継では司会進行役。

画像11(C)2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.

ジュユン(左)

一般参加の男性。
臆病な性格の持ち主。

画像6(C)2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.

シャーロット

一般参加の色気ムンムンな女性。
ホラーマニアで世界7大心霊スポットのうち3箇所を制覇している。

画像12(C)2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.

ジヒョン(左)

一般参加の清楚で美人な女性。
映画終盤、驚きの姿へと変貌をとげる。※トラウマ注意!

画像2(C)2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.

アヨン(中央)

一般参加の看護を学ぶ女子大生。
メンバー内で最年少のため、妹的ポジション。

画像10(C)2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.

感想

ストーリー

冒頭でも記載しましたが、Twitterでたまにツイートとともに恐怖画像が送られてくるので、「何の映画なんだろう?」と調べてみたらこちらの映画でした。

ニャンコはあまりホラーが得意じゃないので躊躇していましたが、勇気を振り絞って鑑賞してみたところ…メッチャハマりました!

というのもグロテスク要素は少ないので、結構安心して観れるんですよね!

ホラー映画苦手な人でも安心して観れます♪

クロネコ
クロネコ
ウソつけ!震えながら観ていただろうが!

ウソです!メッチャ怖いです!

ホラー苦手なニャンコは安心して観ることが出来ませんでした。

だっていつ幽霊が出てくるかわからないし、ジワジワくる恐怖苦手なんですもん!

でも楽しめるのは本当ですよ♪

何が楽しいって登場人物たちの表情がじっくり観れることですよね。

よくPOVの映画ってカメラで撮影している映像は臨場感があって良いですが、撮ってる本人がどういうリアクションしているかよくわからないじゃないですか?

クロネコ
クロネコ
そりゃそうだな

その問題点を今作はGoProカメラを使用することでクリアしているんですよね。

いやー、文明の発展ってすごいわ!

ニャンコ
ニャンコ
普通にGoProカメラが欲しくなりました♪

肝心のストーリーは、視聴人数で広告費を稼ぎたいYouTuberがコンジアム精神病院でライブ配信を行う、というものなんですがこの病院がヤバイんです。

・精神病院と言いつつ、国家ぐるみの人体実験や拷問が行われていた

・院長が患者を皆殺しにして、その後自殺した

・重症患者を収納している402号室は開かずの扉。
開こうとした者は精神崩壊して自殺するか昏睡状態になる。

・霊が出る直前にピンポン球の跳ねる音がする
(自殺した院長が卓球好きだったため)

クロネコ
クロネコ
怖すぎる・・・
ニャンコ
ニャンコ
冒頭で402号室を開こうとしてた男子高校生2人も行方不明になってるしな…

こんな建物でライブ配信をするとか正気の沙汰じゃないですね!

画像16(C)2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.

ただ映画中盤まではヤラセ番組です。

病院の過去の写真、呪いの人形、降霊の儀式などがヤラセですね。

まぁ一般応募のシャーロットは本気でビビってましたが…

ニャンコ
ニャンコ
ニャンコも本気でビビってました…

コンジアムは映画終盤から本気を出します!

特に怖かった最恐シーンを紹介します。

メッチャ怖いので心臓弱い人はご注意を…

ニャンコ
ニャンコ
思い出したら、何だか背筋が寒くなってきたよ・・・

黒目の女 ジヒョン

恐怖に怯えたジヒョンシャーロットが建物から逃げ出して、司令部であるテントを目指すのですが一向にたどり着きません。

あろうことか同じところをグルグル回っているということに気がつきます。

ニャンコ
ニャンコ
建物に入る前に木の枝に目印として汚いパンツ巻いていたよな
クロネコ
クロネコ
汚いパンツ言うな!w

そして遂に異変が起きます。

異変が起きたのは、ニャンコお気に入りの女の子ジヒョン

とっても可愛い女の子なんですが、どうやら霊に乗っ取られたらしく、目の部分が黒目だけになってしまい、無表情のまま意味不明な早口をまくしたてます。

画像3(C)2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.

これが良くTwitterで出回っていた恐怖画像ですね!

マジで怖過ぎだろ!!

ブログ書いている今も怖いんだが!

書いている画面越しに黒目女が見つめてきているんだが!

クロネコ
クロネコ
画像を最後に貼れば良いだろw

たぶんこの黒目女が映画中で最恐のお化けですわ!

黒目だけでもメッチャ怖いんですが、意味不明の早口が耳に残って本当にいや…

トラウマになること間違いなし!

テントに着いたはずが?402号室に閉じ込められたシャーロット

ここもメッチャ怖いシーンです。

恐怖の黒目女ジヒョンから命からがら司令部であるテントまで逃げ延びたシャーロット

やっとのことでテントの中に転がり込むと、中はテントではなく見知らぬコンクリート貼りの部屋。

そう!そこは何と呪われた部屋である402号室だったのです。

クロネコ
クロネコ
何でテントの中じゃないだよ!?
ニャンコ
ニャンコ
怪奇現象だから時空を超えたんだろな

しかも真っ暗な部屋の中には、恐怖の黒目女ジヒョンもいます。

これだけでも絶望的なのに、足元には呪いの人形、少し離れたところには裸で腹を裂かれた謎の男がいます。

裸の男は、動かないけど動きそうな雰囲気…

ニャンコ
ニャンコ
たぶんこの裸の男は人形の持ち主である患者なんだろうな

シャーロットは必死で出口である扉にたどり着くんですが、鍵がかかっており開きません。

そうしているうちに裸の男が急に動き出し、全速力でシャーロットに襲いかかります!

こうしてシャーロットは悲鳴とともに暗闇の中に消えていってしまいました…

ニャンコ
ニャンコ
吐き気がするほど怖かったわ…

遂に開く402号室!その先にあったものとは?

ジヒョンシャーロットが大変なことにあっているとは知らず、402号室を開こうとする残りのメンバーたち。

あまりに怪奇現象が続くので402号室を開くのをためらいますが、司令官であるハジュンからは「さっさと402号室を開け!」と激が飛びます。

クロネコ
クロネコ
ハジュンが自分でやれよな!
ニャンコ
ニャンコ
  それフラグか?w

すると突然402号室が内側から叩かれます!

叩いているのはシャーロット

テントに入ったと思ったシャーロットは402号室にワープしており、部屋の中で黒目女のジヒョンと裸の男に襲われています。

必死に402号室の扉を開こうとするメンバーですが扉はビクともしません。

そうこうしているうちにシャーロットは絶叫と悲鳴を上げ、声は遠のいていってしまいました。

クロネコ
クロネコ
裸の男に襲われて連れ去られたな
ニャンコ
ニャンコ
裸の男って単なる露出狂みたいだなw

ここだけでもメッチャ怖いんですが、今度は突然廊下からピンポン球が飛んできます。

霊が現れる直前にピンポン球の音を聞く、というウワサがありましたよね?

もうメンバー全員パニック!

ついでにニャンコもパニック!w

そして残りのメンバーも402号室に吸い込まれてしまいました。

ニャンコ
ニャンコ
ピンポン球が跳ねる音が聞こえたとき、誰よりもビックリしたのは他ならぬニャンコだ!
クロネコ
クロネコ
ニャンコが”コンジアム”に入ったら、速攻で怨霊に殺されそうだな

402号室で何が起こったのか?

ここから恐怖のラストスパートがかかります。

402号室に入ったメンバーですが、そこにはシャーロット含めメンバー以外は誰もいません。

それどころか水たまりが天井に浮いている、という異空間のようです。

しかしメンバーのカメラ越しには、患者とおぼしき女の子の姿が映し出されます!

クロネコ
クロネコ
何それ、怖い・・・

すると段々と声が聞こえ出し、カメラを覗くと周囲は患者とおぼしき怨霊だらけ!

ニャンコ
ニャンコ
はい!もう無理!恐怖でニャンコは死にました!

極めつきは怨霊が何度も後ろからメンバーの顔を手で覆い、メンバーを乗っ取ろうとするシーン!

画像4(C)2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.

メンバーがドンドン怨霊に乗っ取られて黒目ジヒョンのようになってしまい、行方不明になってしまいましたとさ・・・

ニャンコ
ニャンコ
もうこの辺りで勘弁してほしい・・・
クロネコ
クロネコ
まだまだ恐怖シーンは続くぞ!

しびれを切らしたハジュン!402号室に入るが・・・

順調にメンバーが行方不明になっているのですが、リーダーであるハジュンは視聴者数がまもなく100万人に達するので何としても402号室の真実を解き明かしたい一心です。

そして遂にしびれを切らして、ハジュン自身がカメラを持ち込み402号室に向かいます。

向かう途中、”コンジアム”の外から402号室の窓を見上げるハジュン

そこには何かうごめくものが映り込んでいましたが、正体はわかりません。

不審に思いながらも402号室に足を踏み入れるハジュンですが、中には誰一人としておりません。

ふと窓の外を覗くと、外にはこちらにカメラを向ける自分自身がいるじゃありませんか!

困惑しているハジュンの後ろから、宙に浮いた何かがそっと近づいてきます。

その何かはもうハジュンの真後ろまで!

恐怖で呼吸もままならないハジュン、それでも視聴者数を伸ばすためとカメラを後ろに向けると・・・

狂った女の幽霊(おそらく院長)が雄叫びを上げ、ハジュンは宙に吊り上げられ絶命しました。

先程”コンジアム”の外からハジュンが見ていた402号室の窓にうごめくものの正体、それは怨霊によって殺されかけているハジュン自身の姿だったのです。

クロネコ
クロネコ
どういうこと?
ニャンコ
ニャンコ
  怪奇現象により時空や次元がねじ曲がっているんだと思う

もしかしたらですが、ハジュンは永遠に怨霊に殺され続けるタイムループにとらわれてしまったのかもしれないですね。

だとしたらなおさら怖すぎる!!

ラストシーン!402号室の謎は解けるのか?

メンバー全員怨霊に殺されたかと思いきや、1人生き残っていました。

実は映画終盤にポルターガイスト現象が起こるのですが、そこで一般応募のジェユンが物が当たった衝撃で気絶しているんですよね。

ニャンコ
ニャンコ
死んだかと思ってたw

そのジェユンが唯一生き残って402号室の謎を解き明かし、世間に広める!

という壮大なラストを予想していたのですが、全くそんなことはありませんでした。

目が覚めたジェユンは402号室のある4Fの廊下に、何故か車椅子に縛り付けられたまま放置されています。

クロネコ
クロネコ
誰が車椅子に縛り付けたんだ?
ニャンコ
ニャンコ
  怨霊に乗っ取られ黒目化したメンバーの誰かじゃないかな?

必死に助けを求め叫び続けるジェユンですが、その叫びは届かず車椅子は勝手に動き出し、
扉が開いている402号室に向かって猛スピードで進み出します。

絶叫するジェユン、そんな彼を廊下の覗き窓がついたドアから患者の怨霊たちが覗いています。

そしてジェユンを乗せた車椅子は402号室の中に入り、扉が閉まり周囲は静寂に包まれる、というラストです。

クロネコ
クロネコ
ジェユンはどうなったんだろ?
ニャンコ
ニャンコ
402号室の中で他のメンバー同様、怨霊たちからおもてなしされているんじゃない?
クロネコ
クロネコ
サラっと恐ろしいことを言うな・・・

まとめ

ホラー映画が苦手なニャンコにはキツすぎる映画でした。

唯一の救いは、グロ要素が少ないこと、ジヒョンが可愛いこと、でしょうか。

まあそんな可愛いジヒョンも映画終盤に最恐の姿になってしまうのですが・・・

ただ最恐のお化け屋敷体験が出来るので、ホラー好きの方にはとてもオススメ出来る映画です。

一切救われない絶望感漂うラストも好印象!

良くホラー映画のラストって謎が解き明かされることなく、モヤモヤした気分になる時ってあるじゃないですか?

賛否両論あると思うのですが、ニャンコ個人的には謎は解き明かされなくて良いと思うんです。

だってそのほうが怖いじゃないですか、怪奇現象や超常現象ってそういうことですよね?

その点で言えば”コンジアム”のラストは最高です。

なんて言ったって、あれだけメンバー達がこだわっていたYouTubeライブ配信の視聴者数、たったの500人でしたからね!

クロネコ
クロネコ
あれ?ハジュンが「まもなく100万人だ〜!」とか叫んでなかった?

実はライブ配信されていたと思っていた映像は、何一つ配信されていなかったんですよね。

配信ミスということは考えられないので、怨霊の仕業でしょう。

ということは、”コンジアム”の敷地内に入った時点でもう怨霊たちの手のひらの上だった、ということなのでしょうね。

そう考えると尚更怖くなります。

もう1回映画を見返せばもっとわかるのかもしれませんが、ニャンコはギブアップ!

ホラー得意な人に任せますw

最後まで読んでくれてありがとうございました♪

ABOUT ME
nyanko
映画とゲーム、そしてカラオケをこよなく愛するニャンコです。 「猫でもわかる映画ブログ」は、映画が好きで本当は毎日観たいけど忙しくて中々観れない、そんな人に向けておすすめ映画の簡単あらすじ&ポイントを、可愛いネコ達がわかりやすく紹介するブログです。 たまにゲームやカラオケのことも記事にするかと思いますが、同じ趣味の人とつながっていけたら嬉しいです。 一緒に映画を楽しみましょう!