ホラー/ミステリー

【ネタバレあり】映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』感想と考察【アナベル人形との繋がり】

(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

こんにちは、ニャンコです。

このブログは映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』のこんな疑問に答えていきます。

・見所ポイント

・ネタバレ一覧

・感想と考察

映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』の見所を、映画を年間200本以上、累計1000本以上を観賞したニャンコがネタバレありで感想と考察を書いています。

みんな大好きなアナベル人形もチラッと登場するので見逃せないですよね♪

まさか、ラストがあんな展開になるなんて・・・

きっとブログを読み終わったとき、もっと映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』が好きになると思いますよ♪

映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』のあらすじ

1970年代のロサンゼルス。ソーシャルワーカーのアンナは子どもたちが危険にさらされているという、ある母親からの助けを無視してしまうが、それは泣き声を聞いた子どもが必ず連れ去られてしまうヨローナの呪いだった。

・子供をどこまでも追いかけ、絶対に溺死させる悪霊ラ・ヨローナが初登場

・ラ・ヨローナ誕生の秘密が悲しい

・脅かし方のバリュエーションが豊富

・親子の絆に感動する

【ネタバレあり】映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』のネタバレ一覧

映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』、かなり怖い映画です。

クロネコ
クロネコ
謎もかなりあったよ

そんな謎をひとつずつ紹介していきます。

ニャンコ
ニャンコ
これで君もラ・ヨローナ通だ!

ネタバレ①:ラ・ヨローナの正体

出典:『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』オフィシャルサイト

ラ・ヨローナは実際にメキシコを中心とした中南米で有名な伝説です。

ちなみにラ・ヨローナとは「泣く女」という意味で、泣き声や叫び声を聞いた人を不幸にしてしまうと言われております。

そんな恐ろしい悪霊ラ・ヨローナですが、元々は美しい女性でした。

しかしヨローナは、夫が若い女性と浮気したことへの嫉妬で怒り狂い、夫の最も愛する者、つまり2人の子供を奪い復讐を決意します。

クロネコ
クロネコ
自分自身の子供でもあるんだけどな・・・

ヨローナは愛する2人の子供を川で溺死させますが、ふと我に返り、自らが犯してしまった罪に耐えきれず自らも川に身を投げ自殺をします。

しかし魂はあの世に行かず、悪霊となり現世を彷徨い続けることに・・・それが悪霊ラ・ヨローナの誕生です。

それ以降、ラ・ヨローナは自らの泣き声を聞いた子供をさらい、水のあるところで溺死させてしまういくようになります。

ネタバレ②:火傷はマーキング

出典:『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』オフィシャルサイト

ラ・ヨローナに触れられると、触れられた部分は火傷のような跡がつきます。

これはラ・ヨローナによるマーキングです。

マーキングを付けられてしまうと、その対象人物を溺死させるまでラ・ヨローナが地獄の果てまで追ってきます。

しかし火傷のような跡のため、周囲からは子供に対する虐待のように捉えられてしまうんですよね。

ニャンコ
ニャンコ
最初の犠牲者の母親、パトリシアもそうだったよね・・・

つまり周囲が助けてくれないんです。

これは辛すぎる・・・

ネタバレ③:ラファエル神父

出典:『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』オフィシャルサイト

ラ・ヨローナに対抗するには教会の力を借りないといけませんが、お役所仕事の教会が対応するには手順があり、その手続きには数ヶ月かかる場合もあるということが判明・・・

ニャンコ
ニャンコ
緊急事態なんだから融通利かせろや!

そんなとき頼りになるのがラファエル神父!

といっても元神父ですが・・・どうやらラファエルは神は信じているが教会は信じていないという異色の神父のようです。

クロネコ
クロネコ
ややこしい設定だなw

怪しげな魔術を操るラファエルですが、その力は本物!

その辺の頼りない神父より役に立つアウトローな男、それがラファエルです。

ネタバレ③:ペレズ神父

出典:『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』オフィシャルサイト

この顔、どこか見覚えないですか?

映画の中でも描かれていましたが、ペレズ神父は映画『アナベル 死霊館の人形』に登場した神父です。

まさかここでアナベル人形が登場してくるとは思ってもみませんでした。

【ネタバレあり】映画『アナベル 死霊館の人形』感想と考察【アナベル人形に宿った悪魔の正体】ネタバレ一覧、見所ポイントを感想と考察で紹介しています。...
ニャンコ
ニャンコ
こうやって死霊館シリーズの繋がりが感じられるのは良い演出だよね♪

しかし相変わらず肝心な特に役に立たない、力になってくれない・・・そんな印象が残る神父ですね。

ネタバレ④:なぜラ・ヨローナを浄化できたのか

出典:『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』オフィシャルサイト

映画ラスト、木の十字架に刺されることでラ・ヨローナは浄化され消滅しました。

クロネコ
クロネコ
案外すんなり倒せたよね!なんで?

ポイントは十字架の素材である『木』です。

この『木』はラ・ヨローナが生前に息子たちを殺した現場を目撃していた唯一の『木』らしいんです。

そのためある一種の魔力みたいなものが込められており、同時にラ・ヨローナの弱点ともなっています。

ニャンコ
ニャンコ
ラ・ヨローナにとって因縁の『木』で作られた十字架だから倒せたわけか!

ネタバレ⑤:ラストの水溜りについて

意味深なラストですよね。

おそらく次のような演出だったのだと思います。

(1)ラ・ヨローナは消滅せずにどこかに存在している

(2)人は誰もがラ・ヨローナになる可能性がある

(1)は単純ですよね、消滅したと思ったラ・ヨローナはどこかに存在しており、引き続き子供の命を狙っている。

ニャンコ
ニャンコ
完全に消滅したはずだから可能性は低いと思うけどね

(2)はどちらかというと警告ですよね、行き過ぎた愛は狂気にもなるってことです。

ラ・ヨローナも元々は善良な人間でしたが、夫への愛が行き過ぎてしまい悲劇を生んでしまいました。

何事も行き過ぎは良くないということだと思います。

ニャンコ
ニャンコ
深読みし過ぎかもしれないけどw

映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』の感想

いつもの死霊館シリーズとは少しテイストが異なるスピンオフ作品です。

シリーズの繋がりはアナベル人形に関わったペレズ神父のみとなっております。

それでもシリーズの繋がりが感じられるストーリーは嬉しいですよね♪

ニャンコ
ニャンコ
ちなみにストーリーはこんな感じ♪

起:アンナは虐待の可能性のある子供を保護するが、実は虐待ではなく母親がラ・ヨローナから子供を守っていた。程なく保護された子供は死亡、呪いのターゲットはアンナの子供に向けられる。

承:水のある至る所に現れ、子供を連れ去ろうとするラ・ヨローナ。困り果てたアンナは教会に助けを求め、ラファエルを紹介してもらう。

転:ラファエルを中心としラ・ヨローナと対決するアンナと子供たち。しかし呪いの力は絶大でピンチに陥ってしまう。

結:十字架の力でラ・ヨローナを完全に消滅させることに成功。

このラ・ヨローナの呪いってのが実にやっかいで、火傷でマーキングを付けた子供をどこまでも追いかけてくるんですよね。

クロネコ
クロネコ
まるでストーカーだよ!

その呪いに対抗するためには教会の力を借りるしかないのですが、「教会が手続きを踏むには時間がかかる・・・」とか言って力を貸してくれないんですよ!

そりゃラファエルも教会離れるわ!何のための教会なんだ!

死霊館シリーズの教会って毎回手続き踏みますよね?

シリーズ第1作目の映画『死霊館』も教会が本当に悪魔憑きか確認するためにウォーレン夫婦を派遣したわけですから。

【ネタバレあり】映画『死霊館』感想と考察【ベロン一家を襲った悪魔の正体について】ネタバレ一覧、見所ポイントを感想と考察で紹介しています。...

教会の代わりに力を貸してくれるのがラファエル。

この人が良い味出しているんですよね〜、アウトローなヒーローって感じ♪

怪しげな呪術を使ったり、子供たちを囮にしたりと若干怪しいところもありますがラ・ヨローナに対して確実に対策と攻撃をしてくれる頼もしい人物♪

ニャンコ
ニャンコ
間違いなく本作のMVPだと言える!

最後、子供たちのお父さんになるのかな?と思ったけど予想ははずれましたw

そして何と言っても、ラ・ヨローナが怖い!

見た目ももちろん怖いんですが、いきなり目の前や後ろから現れるんですよ!

特にビニール傘越しに現れるシーンは反則!

出典:『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』オフィシャルサイト

ニャンコ
ニャンコ
このシーン怖過ぎて漏らしたわ・・・

水場がある至る所から出現して脅かしてくるんですよね!マジで心臓に悪い!

どうして悪魔といい悪霊といい人を脅かすのが好きなんですかね?

ニャンコ
ニャンコ
悪魔は人の魂を奪うために脅かしてくるけど、ラ・ヨローナはなんでだろ?
クロネコ
クロネコ
悪魔と同じく「手順」が必要なのかな?

ちなみに死霊館シリーズの悪魔が人の魂を奪う手順は次のとおり。

①出没
→出没して人に恐怖や絶望を味合わせて心を弱らせる

②攻撃
→ポルターガイスト現象で物や人を動かし攻撃する

③憑依
→実際に人に憑依し、人を殺すことで魂を奪う

ラ・ヨローナは悪魔ではなく悪霊なので若干違うとは思うですが、悪魔の手順と似ていますよね?

対象となる子供に火傷というマーキングを行い、徐々に追い詰めていく様子を見る限り、いきなり子供を襲って溺死させるということは出来ないようですね。

だからこそ悪魔のように手順を踏んで人の心を弱わせたうえで溺死させるんだと思います。

クロネコ
クロネコ
マジで悪魔も悪霊もタチ悪いわ

そんなラ・ヨローナに立ち向かう母子とラファエル神父、特に母子の絆は感動します。

圧倒的力を持つラ・ヨローナに怯みながらも愛する子供を守る母親、その姿はラ・ヨローナ自身にも重なる姿だったはずです。

だからこそ映画ラストで母親がラ・ヨローナを浄化出来たのだと思ってます。

クロネコ
クロネコ
ニャンコだったら恐怖で動けず殺されていただろうなw

まとめ

他の死霊館シリーズの敵が悪魔なのに対し、本作は悪霊による恐怖を描いています。

悪霊ならでは恐怖、なす術がない絶望感を味わうことが出来る映画です。

しかし単に怖いだけではなく、家族の絆を再確認出来る感動映画でもあります。

確かにラ・ヨローナの姿は恐ろしいですが、彼女も元々は人間です。

ただ愛が深過ぎたために悪霊になってしまいました。

つまり人は誰でもラ・ヨローナになってしまう可能性を秘めているわけです。

ラストシーンの水溜りは、その可能性を示唆しているだと思います。

クロネコ
クロネコ
ニャンコにしては深く考えたなw
ニャンコ
ニャンコ
たまにはねw

そんな映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』ですが、無料視聴出来るサービスがあります。

詳細は下のブログにまとめていますので、「興味はあるけどお金はかけたくないなぁ」って人はブログを見てもらうとすぐに無料で映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』を楽しむことが出来ますよ。

【最新版】映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』フル無料動画の視聴方法【今なら0円】わかりやすく簡単にフル無料動画の視聴方法を紹介...

このブログ以外にも『死霊館シリーズ』の見所をまとめた記事もありますので、興味がある人はぜひ覗いていってみてください♪

【死霊館シリーズ】全7作品の公開順・時系列一覧・シリーズ最新作【初めて観るなら公開順がおすすめ♪】こんにちは、ニャンコです。 このブログは映画『死霊館シリーズ』のこんな疑問に答えていきます。 ・楽しめるのは公開順?それ...

最後まで読んでくれてありがとうございました。

ABOUT ME
nyanko
映画とゲーム、そしてカラオケをこよなく愛するニャンコです。 「猫でもわかる映画ブログ」は、映画が好きで本当は毎日観たいけど忙しくて中々観れない、そんな人に向けておすすめ映画の簡単あらすじ&ポイントを、可愛いネコ達がわかりやすく紹介するブログです。 たまにゲームやカラオケのことも記事にするかと思いますが、同じ趣味の人とつながっていけたら嬉しいです。 一緒に映画を楽しみましょう!