アクション

『キングダム』あらすじ・感想:大沢たかお演じる、王騎のクオリティが高過ぎる!

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

こんにちは。

映画とゲーム、そしてカラオケ大好きなニャンコです。

ニャンコはアクション映画が好きで良く観るのですが、どちらかというと洋画ばかり観てしまう傾向があります。

やっぱり洋画のほうが予算をかけている分、CGやセットにお金をかけており迫力があるんですよね。

ニャンコ
ニャンコ
  ニャンコの偏見です!本当はそんなことないと思いますよ

特に原作マンガを実写化した映画って、ガッカリすることが多くありませんか?

原作を好きであれば好きであるほと、「あのシーンが削られている」「こんなキャラクターじゃないのに」、など不満が出ると思います。

そんなこともあり、今回紹介する映画も観るのをためらっていたのですが、Amazonプライムで無料配信されていたこともあり、勇気を出して観てみました。

タイトルは、

キングダム

正直なめていましたね・・・メッチャ面白かった!

これはニャンコのように実写映画を毛嫌いしている人にも観てもらいたいと思っています。

では”キングダム”の紹介をしていきますね♪

概要・評価

【日本公開】:2019年
【上映時間】:134分
【監督】:佐藤信介
【原作】:原泰久
【配信】:Amazonプライム
海外評価

IMDb -/10.0 Rotten Tomatoes TOMATOMETER 94% オーディエンス 96%

1分でわかる!簡単あらすじ&ここだけポイント

簡単あらすじ

①戦災孤児の信と漂は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛錬を積んでいた。
ある日、漂は王都の大臣である昌文君によって王都に召し上げられ、信と漂はそれぞれ別の道を歩むことになる。

②しかし王宮では王の弟である成蟜(せいきょう)によるクーデターが勃発。
漂は信に想いを託した後、命を落とす。

③漂は秦国王えい政の影武者として命を落としていた。
事実を知った信は怒りに震えるが、漂の意思を継ぎえい政と行動を共にする。

④果たして信とえい政は王宮を奪還できるのか?

画像18
(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

ここだけポイント

①中国ロケと広大なオープンセット撮影による原作世界の再現。

②キャラクターの没入感がすごい!原作キャラクターそのまま!

③原作を知らない人でも楽しめるストーリー

④手に汗握る、大迫力のアクションシーン!

画像15
(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

あらすじ

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久のベストセラー漫画を山崎賢人主演で実写映画化。
紀元前245年、春秋戦国時代の中華西方の秦の国。
戦災孤児の少年・信と漂は奴隷の身分から天下の大将軍になることを目標に掲げ、日々の剣術の鍛錬に励んでいた。
ある時、漂は王都の大臣・昌文君に召し上げられて王宮へ入ることなり、信と漂はそれぞれ別の道を歩むこととなる。
違う場所にいても、誓い合った夢をともにかなえようと信じていた2人だったが、王宮では王の弟・成きょうがクーデター起こし、その混乱の中で漂は命を落とす。
やがて信は、漂が王座を追われた若き王・えい政の身代わりになったことを知り、生き延びたえい政に対して怒りを覚えるが、漂の遺志を受けてえい政と行動をともにすることになり……。
原作者が脚本にも参加し、大規模な中国ロケと広大なオープンセットでの撮影などで原作世界を再現。
山崎が主人公の信を演じ、吉沢亮がえい政と漂を1人2役で演じた。
そのほかの共演に長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、満島真之介、高嶋政宏、要潤、大沢たかお。
監督は「アイアムアヒーロー」「いぬやしき」「図書館戦争」などの佐藤信介。

引用:映画com

キャラクター

画像3
(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

えい政/漂

画像14
(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

楊端和(ようたんわ)

画像5
(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

河了貂(かりょうてん)

画像6
(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

蟜(せいきょう)

画像7
(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

王騎

画像11
(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

感想

ストーリー

原作マンガ「キングダム」をリアルタイムで読んできたので、観る前は「どうせ実写化映画はショボいんでしょ?」と思っていました。

マンチカン
マンチカン
人気アニメを実写化すると、原作のイメージと違ってショボく感じるよね   

ところが映画キングダムは原作好きの人にも楽しめる内容に仕上がっておりました!

まるでマンガのキャラクターをそのまま実写化させたかのようなクオリティなんですよね。

特には本当にマンガの世界から抜け出してきたようでした。

アクションシーンも迫力満点で、「これ本当に邦画?ハリウッド映画じゃないの?」と感じてしまうくらいです。

特に映画終盤、圧倒的劣勢にもかかわらず王都の兵士たちと戦うシーンは迫力満点です!

画像12
(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

ニャンコ
ニャンコ
思わず手に汗を握ってしまいました♪

ストーリーも原作に沿って描かれており、非常にスピーディーなので飽きることがなかったですね。

正直な話、原作のストーリーを忘れていたので結構新鮮に観ることが出来ました。

マンチカン
マンチカン
原作を最初に読んだの10年ぐらい前だしなw

これは原作好きも知らない人も楽しめる映画ですよ♪

キャラクターの没入感

この映画の何が一番すごいってキャラクターの没入感だと思います。

原作キングダムに登場するキャラクターって、どれも個性的なんですよね。

そんな個性的なキャラクターに負けることなく、今回の実写映画は演じている俳優陣が凄すぎます。

特に大将軍王騎を演じている大沢たかおの演技力には脱帽ですね。

ニャンコ
ニャンコ
本物の王騎かと思うくらいリアルでした
マンチカン
マンチカン
「ココココ」という独特な笑い方もリアルだったよね

またほんの僅かですが、王騎の強さの片鱗を感じさせるシーンもあります。

個人的にも王騎はお気に入りキャラクターなので、続編でどのように描かれるのか今から楽しみです。

まとめ

実写化映画のいうことで身構えておりましたが、予想を超えて遥かに出来の良い名作映画に仕上がっております。

原作好きも始めて観る人も楽しめる映画です。

原作を知らない人は、この機会に読んでみることをオススメします。

ニャンコ
ニャンコ
歴史の勉強にもなるし一石二鳥ですよ♪

最後まで読んでくれてありがとうございました♪

ABOUT ME
nyanko
【映画は心の栄養剤】 芸術学部映画学科卒(卒論学年2位)→映画歴20年以上→今まで2000本以上観賞した無類の映画好きな猫です♪ 苦手なホラー映画を克服すべく、ホラー映画中心の映画ブログ『猫でもわかる映画ブログ』を運営→1年間で100記事以上、月間3,000PVを達成♪ Twitter(フォロワー3800人)では毎日おすすめ映画ツイートしています♪ ピンタレストは10万オーディエンス達成♪ ホラー映画苦手な人!ニャンコと一緒に壁を乗り越えよう!