ホラー/ミステリー

アス ネタバレあり 単なるホラー映画ではない

(C)2018 Universal Studios All Rights Reserved.

アス
2019年
116分

 

こんにちは!

映画とゲーム、そしてカラオケ大好きなニャンコです。

最近ホラー映画にハマっております。

ホラー映画特有のドキドキやハラハラが楽しいんですよね。

でもジャパニーズホラーはまるっきしNGです・・・呪怨やリングなんて絶対に観れない!

黒猫
黒猫
観たら案外面白いのかもしれないよ?
ニャンコ
ニャンコ
夢に出てくるだろうが!1人でトイレ行けなくなっちゃう・・・ 

そのため観るのは洋画ホラーです。

本日は世界観が独特でラストが衝撃だった映画を紹介します。

タイトルは・・・

「アス」

黒猫
黒猫
アスって「わたしたち」っていう意味?
ニャンコ
ニャンコ
そうだね!自分たちそっくりの家族が襲撃してくる映画だよ 
黒猫
黒猫
怖っ!ドッペルゲンガーみたいな奴か!

終始ゾクゾクするような演出や音楽が続き、不安をかき立てられる映画です。

なおブログ後半でネタバレに触れますので、未鑑賞の方はご注意ください。

ちなみに「アス」を手掛けたジョーダン・ピール監督の初映画はもっと怖いです・・・
もしよろしければ合わせてご覧ください。

ゲット・アウト ネタバレあり あらすじ 感想ゲット・アウト 衝撃の真相ネタバレ...

では映画の簡単あらすじ&ここだけポイントを説明します。

忙しい人向け!簡単あらすじ&ここだけポイント

簡単あらすじ

①アメリカに住む主人公アデレードは幼い頃、自分そっくりの少女と出会ったことがショックでトラウマを抱えている。

②夫と子供2人(娘と息子)で夏休みを過ごすアデレードだが、ある夜に自分たち家族そっくりの「わたしたち」の襲撃にあってしまう。

③「わたしたち」の襲撃から逃げ惑うアデレード達だが、アメリカ全土が「わたしたち」の襲撃に合っている事実を知る。

④はたして「わたしたち」の正体は?
目的は何なのか?

黒猫
黒猫
謎が謎を呼ぶストーリー、楽しそうだね!
ニャンコ
ニャンコ
ストーリーもしっかりしていて、かなり楽しい映画だよ♪少しグロテスクだけどね・・・

ここだけポイント

・「わたしたち」の姿はアデレード達含めて自分自身にそっくり。

・アメリカ全土で「わたしたち」が出没し、襲撃を行っている。

・アデレードの過去のトラウマに全ての答えがある。

黒猫
黒猫
過去のトラウマが気になる〜
ニャンコ
ニャンコ
冒頭に出てきたシーンだね!あとで解説していくよ

ちなみに映画詳細はこちら!

映画詳細

あらすじ

”「ゲット・アウト」がアカデミー賞にノミネートされ、脚本賞を受賞するなど大きな話題を集めたジョーダン・ピール監督が、自分たちとそっくりの謎の存在と対峙する一家の恐怖を描いたサスペンススリラー。
夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンとともに夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れたアデレードは、不気味な偶然に見舞われたことで過去のトラウマがフラッシュバックするようになってしまう。
そして、家族の身に何か恐ろしいことが起こるという妄想を次第に強めていく彼女の前に、自分たちとそっくりな“わたしたち”が現れ……。
「ゲット・アウト」に続き、数々のホラー/スリラー作品を大ヒットさせてきたジェイソン・ブラムが製作。
主演には「それでも夜は明ける」でアカデミー助演女優賞を受賞し、「ブラックパンサー」などで活躍するルピタ・ニョンゴを迎えた。”

引用:映画com

キャスト

・アデレード/レッド:ルピタ・ニョンゴ

ルピタ・ニョンゴ
© eiga.com inc. All rights reserved.

・ゲイブ/アブラハム

ウィンストン・デューク
© eiga.com inc. All rights reserved.

・ゾーラ/アンブラ

シャハディ・ライト・ジョセフ
© eiga.com inc. All rights reserved.

・ジェイソン/プルートー

エバン・アレックス
© eiga.com inc. All rights reserved.

ニャンコ
ニャンコ
本人/わたしたち、それぞれの名前を描いております 

感想

ストーリー

自分たち家族そっくりの人間が目の前に現れたら?
そして襲いかかってきたら?

そんな単純明快な恐怖を映像化した素晴らしい映画です。

なぜ家族そっくりの人間に襲撃されるのか?
「わたしたち」とは一体何者なのか?

そんな疑問を終始感じつつ映画を観ることになります。

黒猫
黒猫
勘の良い人は途中で気づきそうだよね
ニャンコ
ニャンコ
ニャンコは全く気がつかなかったわ・・・

「わたしたち」の襲撃シーンからは一瞬も目が離せない展開が続きます。

ストーリーの続きが気になってあっという間に映画が終わってしまった印象です。

終盤から「わたしたち」の正体が徐々に明らかになるのですが、これが本当だったら胸糞ストーリーですね・・・

ニャンコ
ニャンコ
ニャンコが「わたしたち」の立場だったら、たぶん同じことをするわ 

ラストも意味深で終わりますので、続編があったらより一層楽しそうです。

好きなシーン

家の前に「わたしたち」が立ちすくんでいるシーン

画像6(C)Universal Pictures

ニャンコ
ニャンコ
このシーン、メッチャ鳥肌がたった・・・ 
黒猫
黒猫
ライトアップされているのが、より一層不気味なんだよな・・・

ラストの解釈

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『アス』ネタバレ・結末の記載がございます。『アス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

黒猫
黒猫
結局「わたしたち」って何者なの?何が目的だったの?

「わたしたち」の正体は、昔アメリカ政府が作り上げたテザードと呼ばれるクローン人間。

オリジナルの人間が地上で暮らし、生活のプラスの側面を担う代わりに、テザードは地下で暮らし、生活のマイナスの側面を背負う、というもの。

同時に思考や行動の主導権はオリジナル側が持っている、というひどく理不尽なもの。

それゆえテザードはオリジナルの人間に復讐する機会を伺っていた、というのが「アス」のストーリー。

黒猫
黒猫
オリジナルが主導権を持っているのに、なんでテザードはオリジナルに襲撃が出来たんだ?
ニャンコ
ニャンコ
それは簡単だよ!実はアデレードがテザード、レッドがオリジナルだったからさ

アデレードには幼い頃のトラウマがあります。

内容は自分そっくりの少女と遭遇してしまったこと。

最初はアデレード(オリジナル)がレッド(テザード)に遭遇してしまった、と単純に考えていたのですが、
映画ラストで全てがくつがえります。

つまりアデレード(テザード)、レッド(オリジナル)ということです。

幼い頃レッド(オリジナル)はアデレード(テザード)と出会い、アデレード(テザード)に襲われたレッド(オリジナル)は人生が入れ替わってしまったのです。

そのためレッド(オリジナル)は地下世界で人生を過ごすことになります。

レッドがオリジナルだったからこそ、テザードは復讐を行うことが出来たんですね。

画像10(C)Universal Pictures

ニャンコ
ニャンコ
幼い頃のトラウマが全ての原因だったとはね・・・ 
黒猫
黒猫
まさか主人公がテザードだとは思わなかった・・・
ニャンコ
ニャンコ
勘の良い人は気づいたんだろうけど、ニャンコは全く気がつかなかった 

つまり「アス」はアデレード(テザード)によって人生を奪われたレッド(オリジナル)の復讐劇とも呼べる映画です。

そりゃ人生を奪われたのですから、復讐をしちゃいますよね!
まあ失敗してしまい、アデレード(テザード)に殺されてしまうわけですが・・・

観ているニャンコも切ない気持ちになってしまいました。

まとめ

映画中盤まではアデレードたちが自分たちそっくりの家族「わたしたち」に襲撃され、逃げ惑いながらも反撃していく内容ですが、終盤からは一気にストーリーが加速していきます。

世界で何が起きているのか、「わたしたち」の目的、など多くの謎が解き明かされるとき、きっと衝撃とともに切ない気持ちになるかと思います。

少しグロテスクなシーンもありますが、メインはストーリーや世界観なのでグロに少し耐性がある人なら是非観ることをおすすめできる映画です。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

黒猫
黒猫
映画は楽しく観ないとね!
ニャンコ
ニャンコ
Twitterをフォローしてくれると踊って喜ぶよ♪ 

 

 

 

ABOUT ME
nyanko
映画とゲーム、そしてカラオケをこよなく愛するニャンコです。 「猫でもわかる映画ブログ」は、映画が好きで本当は毎日観たいけど忙しくて中々観れない、そんな人に向けておすすめ映画の簡単あらすじ&ポイントを、可愛いネコ達がわかりやすく紹介するブログです。 たまにゲームやカラオケのことも記事にするかと思いますが、同じ趣味の人とつながっていけたら嬉しいです。 一緒に映画を楽しみましょう!