ホラー/ミステリー

ゲット・アウト ネタバレあり あらすじ 感想

(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

ゲット・アウト
2017年
104分

こんにちは!

映画とゲーム、そしてカラオケ大好きなニャンコです。

前回のブログでホラー映画「アス」を紹介しました。

気味の悪さ、先が気になるストーリー、衝撃のラスト、どれも素晴らしい映画で非常に楽しめました。

黒猫
黒猫
結構グロテスクなシーンがあったけどな・・・
アス ネタバレあり 単なるホラー映画ではないアス ネタバレあり あらすじ・感想...

本日は「アス」を手掛けたジョーダン・ピール監督の初映画を紹介します。

こちらもかなり怖い映画でした。

タイトルは・・・

「ゲット・アウト」

黒猫
黒猫
ゲット・アウトって直訳すると「出ていけ!」っていう意味だよね?何から出ていくんだ?
ニャンコ
ニャンコ
映画終盤でわかるよ!意味がわかるとメッチャ怖くなる・・・ 

怖いだけではなく、アメリカの抱える黒人への差別といった社会問題も描いた素晴らしく楽しい映画でした。

ニャンコ
ニャンコ
ブログの最後のほうにネタバレも書いてあるよ 

では映画の簡単あらすじ&ここだけポイントを紹介します。

忙しい人向け!簡単あらすじ&ここだけポイント

簡単あらすじ

①主人公で黒人のクリスは、恋人で白人の彼女ローズの実家へ招待される。

②不安な気持ちでローズの実家を訪れたクリスだが、予想とは反して過剰なまでの歓迎を受ける。

③しかし使用人である黒人やローズの両親にどこか妙な違和感を覚えるクリス。
翌日はパーティーが開催され、参加者が白人ばかりで気が滅入るクリス。

④妙な違和感はクリスの勘違いなのか?
もしくは白人たちには何か目的があるのか?

黒猫
黒猫
先がメッチャ気になるストーリーだな!
ニャンコ
ニャンコ
そうなんだよ!こりゃ徹夜で観るぞ!
黒猫
黒猫
夜に観る映画の内容じゃない気がするがなw

画像2(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

ここだけポイント

・白人たちには何か目的があるらしい

・ローズの家族、特に黒人の使用人は怪しすぎる

・「ゲット・アウト!(出て行け)」の意味がわかると鳥肌が・・・

ちなみに映画詳細はこちら!

映画詳細

あらすじ

「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」「ヴィジット」など人気ホラー作品を手がけるジェイソン・ブラムが製作し、アメリカのお笑いコンビ「キー&ピール」のジョーダン・ピールが初メガホンをとったホラー。
低予算ながら全米で大ヒットを記録し、第90回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞の4部門にノミネートされ、脚本賞を受賞した。
アフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、白人の彼女ローズの実家へ招待される。
過剰なまでの歓迎を受けたクリスは、ローズの実家に黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚えていた。
その翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに出席したクリスは、参加者がなぜか白人ばかりで気が滅入っていた。
そんな中、黒人の若者を発見したクリスは思わず彼にカメラを向ける。
しかし、フラッシュがたかれたのと同時に若者は鼻から血を流し、態度を急変させて「出て行け!」とクリスに襲いかかってくる。

引用:映画com

黒猫
黒猫
あっこれは怖い映画だわ・・・幽霊系とかか?
ニャンコ
ニャンコ
幽霊のほうがまだマシだな・・・本当に怖いのは幽霊ではない! 

キャスト

クリス(主人公):ダニエル・カルーヤ

ダニエル・カルーヤ
© eiga.com inc. All rights reserved.

ローズ(クリスの彼女):アリソン・ウィリアムズ

アリソン・ウィリアムズ
© eiga.com inc. All rights reserved.

ディーン(ローズの父):ブラッドリー・ウィットフォード

ブラッドリー・ウィットフォード
© eiga.com inc. All rights reserved.

ジェレミー(ローズの弟):ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ

ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
© eiga.com inc. All rights reserved.

ミッシー(ローズの母):キャサリン・キーナー

キャサリン・キーナー
© eiga.com inc. All rights reserved.

ジョージーナ(ローズ家の使用人):ベッティ・ガブリエル

ベッティ・ガブリエル
© eiga.com inc. All rights reserved.

ウォルター(ローズ家の使用人):マーカス・ヘンダーソン

マーカス・ヘンダーソン
© eiga.com inc. All rights reserved.

ニャンコ
ニャンコ
トラウマ級に怖いのはジョージアナだわ・・・ 

感想

ストーリー

「アス」に負けず劣らず非常に気味が悪く、終始ドキドキしっぱなしの映画で非常に楽しめました!

クリスを取り巻く周囲の人たちの行動がどこか不自然で、常に先が気になるストーリーに仕上がっているんですよね。

一番不自然なのはこちらの黒人青年ですね!

画像7(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

隣にいる奥さんが結構歳が離れた白人女性なんですよ。

それだけでも不自然なのに、クリスがフラッシュをたいて撮影をした瞬間、こちらの黒人青年は鼻から血を流し、態度を急変させてクリスに向かって「ゲット・アウト!(出ていけ!)」と襲いかかってくるんです。

黒猫
黒猫
なにそれ、怖過ぎだろ・・・
ニャンコ
ニャンコ
不自然すぎるよね・・・ 

そんなこんなで謎がドンドン深まっていくんですよ。

そんな謎がラスト終盤にかけて怒涛の勢いで明かされていく・・・
これは是非ネタバレなしで観てもらいたい映画ですね。

ニャンコ
ニャンコ
ブログ終盤にネタバレを記載しております。ネタバレが嫌な方はご注意ください。 

好きなシーン

「ジョージーナが笑いながら泣くシーン」

画像5(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

黒猫
黒猫
笑いながら泣くとか、ホラー過ぎだろ・・・
ニャンコ
ニャンコ
この画像が怖すぎて、朝しかブログ書けなかったw

ネタバレ

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ゲット・アウト』ネタバレ・結末の記載がございます。『ゲット・アウト』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

黒猫
黒猫
結局、周囲の白人たちは何者だったんだ?

白人たちの目的はただ一つ、クリスの肉体を奪い乗っ取ること。

つまり富裕層の白人が外科医であるローズの父親ディーンに大金を払い、年老いた身体からクリスの若くて力強い肉体に移る手術を受ける、そのためにクリスの下見にきた、というストーリー。

もちろん彼女のローズもグルで色仕掛けでクリスに近づき、実家まで連れてきた。

ローズの家族一家は祖父の代から何度も同じ手口で黒人を実家に連れてきて、同様の手口で手術を受けさせていた。

家族それぞれに役割があって、

ディーン(父親)→外科手術

ミッシー(母親)→催眠術

ローズ(彼女)→ターゲット誘惑

ジェレミー(弟)→誘拐&手術助手

こんな感じで役割分担をして、犯罪を続けている犯罪一家。

今回のターゲットに選ばれたしまったクリスはどうなるのか?

黒猫
黒猫
ということはまさか使用人2人の正体は・・・

使用人2人、ジョージーナとウォルターの正体は、なんとローズの祖母と祖父!

終盤に正体を現し、クリスに襲いかかります。

しかし若く強靭な肉体を持っているクリスの反撃が始まるのです!

ここの無双シーンは、今まで白人に虐げられてきた黒人の怒りが爆発したかのような、凄まじい怒りを感じます。

結果的にクリス1人でローズの家族6人を殲滅してしまいますからね・・・

その無双っぷりは是非映画を観て確かめてみてください。

黒猫
黒猫
まさか映画タイトルにもなっている「ゲット・アウト(出て行け)」の本当の意味って・・・
ニャンコ
ニャンコ
「(自分の身体から)出て行け!」って意味だろうね
黒猫
黒猫
やっぱそうだよなー、怖すぎるわ

まとめ

ここまで気味の悪い映画は久しぶりに観ました。

次回作の「アス」よりも今作のほうがニャンコは怖いと感じましたね。

黒猫
黒猫
なんか本当にやっている白人や被害に合っている黒人がいそうだよね

映画の中で初めて「ゲット・アウト(出て行け)」のセリフが出たときは、「この敷地から出て行け!」という意味かと思っていましたが・・・

黒猫
黒猫
全然意味が違ったな!もっと怖い意味だったわ・・・

もちろん映画の中だけの話ですが、実際に起こっていそうな妙なリアリティがありますよね。

じめじめした暑い季節に心の底から涼みたい人におすすめ出来る映画です。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

黒猫
黒猫
映画は楽しく観ないとね
ニャンコ
ニャンコ
Twitterをフォローしてくれると踊って喜ぶよ♪

 

ABOUT ME
nyanko
映画とゲーム、そしてカラオケをこよなく愛するニャンコです。 「猫でもわかる映画ブログ」は、映画が好きで本当は毎日観たいけど忙しくて中々観れない、そんな人に向けておすすめ映画の簡単あらすじ&ポイントを、可愛いネコ達がわかりやすく紹介するブログです。 たまにゲームやカラオケのことも記事にするかと思いますが、同じ趣味の人とつながっていけたら嬉しいです。 一緒に映画を楽しみましょう!