ヒューマンドラマ

世界から猫が消えたなら ネタバレなし・あらすじ・感想

©️TOHO CO.,LTD.All Rights Reserved.

世界から猫が消えたなら
103分
2016年

こんにちは!

映画と猫、そしてカラオケが大好きなニャンコです。

本日は、前からずっと気になっていた映画を紹介します。

それは・・・

「世界から猫が消えたなら」です。

マンチカン
マンチカン
前から観たい観たい!って言ってたな

マンチカン
マンチカン
ネコ好きなら気になるタイトルだよね!
ニャンコ
ニャンコ
事前の知識なしで観たから、メッチャ感動した!

いっとき話題になっていたので、さすがに一度は観たほうがいいな〜、と思っていたら
公開から4年も経ってしまった・・・。

感想を先に言ってしまうと、メチャクチャ感動しました!

もう涙腺崩壊ですよ!!

ここ1年で一番泣いたかもしれない・・・

ニャンコ
ニャンコ
1人でこっそり観るのがおすすめ!

では気を取りなおして、映画の簡単あらすじ&ポイントを説明します。

忙しい人向け!簡単あらすじ&ここだけポイント

簡単あらすじ

①主人公は脳腫瘍で余命わずかと宣告される。

②自分そっくりの悪魔が現れ、大切なモノを世界から消すかわりに寿命を1日伸ばす取引を持ちかけてくる。

③少しずつ大切なモノが世界から失われ、同時に大切な人との思い出も消えていく。

④はたしてネコも世界から消えてしまうのか?悪魔の正体とは?

ここだけ知っていれば大丈夫!

・世界から消えてしまったモノは、そのモノに関わった思い出も同時に消える。

・消えてしまったモノの思い出は、主人公にしか残らない。

マンチカン
マンチカン
つまり自分は覚えていても、相手の記憶からは消えてしまうってことだね・・・
ニャンコ
ニャンコ
すごく切ないし、悲しいよね・・・
大切な人からも忘れられちゃうなんて・・・
マンチカン
マンチカン
ネコが消えたら、どうなってしまうんだろ?
ニャンコ
ニャンコ
それは映画を観てのお楽しみだね!

ちなみに詳細あらすじは、次のとおり!

あらすじ

”映画プロデューサー・川村元気による同名ベストセラー小説を、佐藤健&宮崎あおい共演で実写映画化したヒューマンドラマ。
脳腫瘍で余命わずかと宣告された30歳の郵便配達員の青年の前に、青年とそっくりな悪魔が姿を現わす。
悪魔は青年に、大切なものと引き換えに1日の命をくれるという。
電話や映画、時計など大切にしてきたものが次々と失われていく中、青年は元恋人と再会を果たし、かつての思いや別れの時を思い出していく。
親友や疎遠になった父の思いに触れ、亡き母が残した手紙を手にした青年は、人生最後の日、ある決断を下す。
「いま、会いにゆきます」などの岡田惠和が脚本を手がけ、「ジャッジ!」の永井聡監督がメガホンをとった。
人気音楽プロデューサーの小林武史が音楽を担当。”

引用:映画com

マンチカン
マンチカン
小説も読むと、また違った感動があるのかな?
ニャンコ
ニャンコ
そうだろうね。ニャンコはまだ読んでいないから、これから読んでみるよ!

 

感想

ストーリー

最初は、モノが消える→モノに関係する思い出も消える、というルールで映画が進んでいきます。

そのため、どんどん主人公が孤独になり、最後は孤独死する映画なのかな?と思っていました。

もちろん大きな間違いでした。

映画の本質的な内容として、

死が間近に迫ったとき、人は何を想うのか?

生きていくとはどういうことか?

という人生そのものについての問いかけ、そして答えの1つが表現されている映画でした。

自分自身が死んだとき、その後の世界がどんなふうになるかなんて誰にもわかりません。
(もしかしたら死後の世界があってわかるのかもしれませんが・・・)

最愛の人が悲しんでくれるのかもしれないし、誰にも気づいてもらえないのかもしれない・・・。

だからこそ、毎日を大切にして生きていく。

伝えたいことは、きちんと言葉や文章にして伝える。

その大切さに気づくことができる映画です。

映画で一番最初に世界から消えるのは電話なんですが、
電話がなくなったあとに起きる世界の変化が本当に面白いんです。

詳細はぜひ自分自身の目で確かめてほしいんですが、ニャンコは別の映画を思い出しました。

思い出した映画は、「バタフライ・エフェクト」です。

マンチカン
マンチカン
名作中の名作だね!!

バタフライエフェクトの意味を簡単に説明すると、

「世界の反対側で蝶が羽ばたくと、蝶が羽ばたいた世界の反対側では嵐が起きる」

という意味です。

つまり、蝶々が羽ばたいたぐらいの小さな出来事が、嵐のような大きな変化につながるってことですね。

映画「バタフライ・エフェクト」はタイムトラベル系のストーリーなんですが、
タイムトラベル先で少し変化を与えてしまうと、未来が大きく変わってしまうんです。

その変化が実に良く表現されていて、いま観ても楽しめる映画になっております。

そして、「世界から猫が消えたなら」もまさにバタフライエフェクトが起きていまして、
例えば電話がなくなったことにより、最愛の恋人との出会いのきっかけがなくなってしまうんです。

そして、主人公は恋人から他人扱いされてしまうという・・・。

切ないですよね・・・。

でも何かを消さないと自分自身が死んでしまうため、葛藤する主人公。

実際にニャンコが主人公の立場だったらどうするか、とても考えさせられました。

マンチカン
マンチカン
タイムトラベルって、まさにバタフライエフェクト・・・
ニャンコ
ニャンコ
バタフライエフェクト言いたいだけだろ!w

好きなセリフ

「何かいい物語があって、それを語る相手がいる。
それだけで人生は捨てたもんじゃない。」

映画「海の上のピアニスト」のセリフですね。

人生つらいこともあるけど、確かにいい物語を共有できる相手がいる、
それだけで幸せなんだとはニャンコも痛感しております。

名言中の名言ですね!

感動シーン

浜辺で主人公が母親に想いを伝えるシーン

もう涙腺崩壊・・・

メッチャ気持ちがわかる!

このシーンで泣かない人はいない!と断言できるぐらい感動する!

まとめ

メッチャ泣きました・・・。

もっと早くに観ておくべき映画でした。

主人公を演じている、佐々木健がメッチャ良い演技するんですよ。

あんなに格好良いのに、すごく情けない演技をするんです。

それがまたリアルで、ものすごく感情移入してしまいました。

過去の回想とかが入り、少し頭がこんがらがったりもしますが、
まずは1回映画を観てみてください。

後悔はしないと思いますよ!

ここまで読んでくれてありがとうございました。

マンチカン
マンチカン
映画は楽しんで観ないとね!
ニャンコ
ニャンコ
Twitterフォローしてくれると、踊って喜ぶよ!
ABOUT ME
nyanko
映画とゲーム、そしてカラオケをこよなく愛するニャンコです。 「猫でもわかる映画ブログ」は、映画が好きで本当は毎日観たいけど忙しくて中々観れない、そんな人に向けておすすめ映画の簡単あらすじ&ポイントを、可愛いネコ達がわかりやすく紹介するブログです。 たまにゲームやカラオケのことも記事にするかと思いますが、同じ趣味の人とつながっていけたら嬉しいです。 一緒に映画を楽しみましょう!