アクション

『マン・オブ・スティール』 あらすじ・感想 クリプトン人が強過ぎる

TM & (C)DC COMICS. (C)2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

こんにちは。

映画とゲーム、そしてカラオケ大好きなニャンコです。

今までマーベル映画ってあまり観たことなかったんですよね。

嫌いと言うわけではなくて、ただ単にキッカケやタイミングが合わず・・・
これはいかん!と思いまして、最近は積極的に調べたり観ようとしています。

ニャンコ
ニャンコ
きっと沢山面白い映画があるはず! 

その足掛かりとして、こちらの映画にチャレンジしてみました。

タイトルは、

マン・オブ・スティール

誰もが一度は名前を聞いたことであろうアメリカのヒーロー”スーパーマン”の誕生秘話ですね。

スコティッシュ
スコティッシュ
“スーパーマン”ってマントで飛ぶキャラクターだっけ?
ニャンコ
ニャンコ
キャラクター言うなwまあ合ってるけど

どのようにして”スーパーマン”が誕生したのか?
その謎に迫る映画になっております。

「マン・オブ・スティール」の概要・評価

【日本公開】:2013年
【上映時間】:143分
【監督】:ザック・スナイダー
海外評価

IMDb 7.0/10.0 Rotten Tomatoes TOMATOMETER 56% オーディエンス 75%

ニャンコ
ニャンコ
なんか評価微妙じゃない?

初めて”スーパーマン”を観たニャンコとしては、非常に楽しめる映画だったのですが・・・
アクションシーンも大迫力でしたし、何がいけなかったんですかね?

これだけ知っていればOK!

”スーパーマン”は地球人ではなく、クリプトン人

”スーパーマン”は、怪力・瞬発力・耐久力・飛行能力・投資能力・ビームなど超人的な身体能力を持っている

・敵であるゾッド将軍(クリプトン人)も”スーパーマン”と同様の超人的な身体能力を持っている

・アクションシーンだけでなく、親子・恋人との人間模様もアツい!

画像8
TM & (C)DC COMICS. (C)2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

あらすじ

「ダークナイト」のクリストファー・ノーランが製作、「300 スリーハンドレッド」のザック・スナイダー監督のメガホンでリブートされた新たな「スーパーマン」。
無敵の能力を備えながらも、それゆえに苦悩して育った青年クラーク・ケントが、いかにしてスーパーマンとして立ち上がったのか、これまで描かれてこなかったスーパーマン誕生の物語を描く。
クラーク・ケント=スーパーマンに、新鋭ヘンリー・カビルを抜てき。
育ての親ジョナサン・ケントにケビン・コスナー、生みの親ジョー=エルにラッセル・クロウ、ヒロインのロイス・レインにエイミー・アダムス、仇敵ゾッド将軍にマイケル・シャノンなど豪華キャストが集結。
脚本に「ダークナイト」3部作のデビッド・S・ゴイヤー。音楽も「ダークナイト」や「インセプション」など、近年のノーラン作品を手がけているハンス・ジマーが担当。

引用:映画com

画像11
TM & (C)DC COMICS. (C)2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

キャスト

クラーク・ケント(スーパーマン):ヘンリー・カビル

画像1
TM & (C)DC COMICS. (C)2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

ロイス・レイン:エイミー・アダムス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Amy Adams fans 🌟❤(@amyadamsgallery)がシェアした投稿

 

ゾッド将軍:マイケル・シャノン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Michael Shannon Fan(@michaelshannon.fanpage)がシェアした投稿

ジョナサン・ケント:ケビン・コスナー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kevin Costner(@kevincostner_fc)がシェアした投稿

感想

ストーリー

どのようにして誰もが知っている”スーパーマン”は誕生したのか?

ニャンコのように”スーパーマン”をあまり知らない人にとっては、
「こうやってスーパーマンは誕生したんだ!」と知ることが出来る素晴らしい映画でした。

ニャンコ
ニャンコ
そもそも地球人じゃないことすら知らなかったw
スコティッシュ
スコティッシュ
だからこそ、あんな超人パワーを持っているんだね

しかしその反面、どうやら”スーパーマン”やマーベルファンにとっては、あまり良く思われていない映画のようですね。

どうしてなんですかね・・・

ニャンコ
ニャンコ
ぜひコメントかTwitter経由で教えてください♪

確かにニャンコの大好きな漫画”ワンピース”とかがハリウッドで実写化されたら反対しますけどね!

そういう感じなのかな?

肝心のストーリーは、宇宙人(正確にはクリプトン人)だが地球人として育てられたクラーク・ケントこと”スーパーマン”の、苦悩と成長のストーリーに仕上がっています。

クリプトン人ということがバレないよう、周囲にスーパーパワーを隠しながら暮らしているクラークは日々悩んでいました。

画像7
TM & (C)DC COMICS. (C)2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

ニャンコ
ニャンコ
ニャンコなら悩まず超人パワー使いまくるけどな! 
スコティッシュ
スコティッシュ
ニャンコをスーパーマンにしちゃダメだなw

しかしクラークは、自分が地球人ではなく既に滅びたクリプトン人だという事実に気づいたとき、ストーリーは急激に進み始めます。

と同時にクリプトン人の将軍であり、クラークの実の父親の仇でもあるゾッド将軍が地球に攻めてくるのであった・・・

画像3
TM & (C)DC COMICS. (C)2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

ニャンコ
ニャンコ
ゾッド将軍vsスーパーマンの超人バトルは見所満載!

そうなんです!アクションシーンが本当に大迫力なんですよ!

”スーパーマン”が強過ぎて、道路、乗り物、建物などありとあらゆる物が破壊されていきます。

周囲をかえりみず、暴れまくる”スーパーマン”ゾッド将軍

ニャンコ
ニャンコ
巻き込まれて死んだ一般人が絶対いるだろ・・・

そんな”スーパーマン”の力を恐れた人類は、あろうことか”スーパーマン”を逮捕してしまうのです。

画像4
TM & (C)DC COMICS. (C)2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

このあたりとか、人間の本性が描かれていて不気味でしたね・・・

ニャンコ
ニャンコ
未知の存在を恐れる気持ちはわかるけどね 
スコティッシュ
スコティッシュ
こうやって迫害って起きるんだろうな

なぜクリプトン人は強いのか?

画像10
TM & (C)DC COMICS. (C)2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

”スーパーマン”を含め、敵であるゾッド将軍や部下は皆クリプトン人です。

クリプトン人の特徴といえば、圧倒的身体能力を活かした強さですよね。

地球人がどんなに背伸びしても勝てない、そんな圧倒的強さを持っています。

スコティッシュ
スコティッシュ
でも何でこんなに強いの?

どうやらクリプトン人の細胞は、地球が周回している太陽の太陽光を浴びることで、超人的パワーを得ることが出来るそうです。

この”地球が周回している太陽の太陽光”というのが重要らしく、別の太陽ではダメなようですね。

スコティッシュ
スコティッシュ
何でダメなんだろ?
ニャンコ
ニャンコ
わからん!wまあ映画だからいいんじゃない?

ちなみに”スーパーマン”は長い時間を地球で暮らしてきたので、身体が地球に馴染んでいます。

しかし他のクリプトン人は地球の環境に慣れておらず、生身ではありとあらゆる音や映像、振動などがダイレクトに伝わってしまうため、専用のスーツを着ないと地球に降り立つことが出来ません。

ニャンコ
ニャンコ
上手いことスーパーマンと区別しているよね

まあ超人ゾッド将軍は、すぐ地球の環境に対応していましたが・・・

画像9
TM & (C)DC COMICS. (C)2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

まとめ

ニャンコ的には、非常に楽しめた映画です。

”スーパーマン”入門編としては、ちょうど良いんじゃないでしょうか?

昔からファンだった方には不評かもしれないですが、ニャンコのような初心者にはぴったりかと思います。

大迫力のアクションシーン以外にも、けっこうラブロマンスもあります。

画像5
TM & (C)DC COMICS. (C)2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

ニャンコ
ニャンコ
ラブロマンスが好きな人にもオススメ出来る映画です

続編もあるそうなので、これから少しずつ観てみようと思ってます。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

ニャンコ
ニャンコ
他にも楽しいブログがあるから、是非覗いていってね♪
ABOUT ME
nyanko
映画とゲーム、そしてカラオケをこよなく愛するニャンコです。 「猫でもわかる映画ブログ」は、映画が好きで本当は毎日観たいけど忙しくて中々観れない、そんな人に向けておすすめ映画の簡単あらすじ&ポイントを、可愛いネコ達がわかりやすく紹介するブログです。 たまにゲームやカラオケのことも記事にするかと思いますが、同じ趣味の人とつながっていけたら嬉しいです。 一緒に映画を楽しみましょう!