ホラー/ミステリー

ライト/オフ ネタバレ・あらすじ・感想 暗闇から現れる”それ”の正体とは?

© 2018 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

こんにちは。

映画とゲーム、そしてカラオケ大好きなニャンコです。

皆さん、ホラー映画って好きですか?

ニャンコは、殺人鬼、ゾンビ、モンスターが襲いかかってくるホラー映画は大丈夫なのですが、幽霊が出てくるホラー映画は無理ですね。

ニャンコ
ニャンコ
目をつむりながらなら観れるぞ! 
黒猫
黒猫
それ、観てるって言わないから!w

しかし先日、勇気を振り絞って気になるホラー映画を観てみました。

しかも「動画サイトで1億5000万回再生された恐怖映像」と言われている映画です。

ニャンコ
ニャンコ
恐怖映像がそんなに再生されていることが意味わからんw

タイトルは、

ライト/オフ

「ライト/オフ」の概要・評価

【日本公開】:2016年
【上映時間】:81分
【監督】:デビッド・F・サンドバーグ
海外評価

IMDb 6.3/10.0 Rotten Tomatoes TOMATOMETER 76% オーディエンス 61%

世間の評価としては、あと一歩というところなんでしょうか。

ニャンコはメチャクチャ怖かったですが、世間はもっと怖さを求めているんですかね・・・

ニャンコ
ニャンコ
これ以上怖くされたら、もう電気消せない! 

画像5(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

あらすじ

電気を消したら、”それ”は来る──。
全世界【1億5,000万回】再生!
実在の恐怖映像を、【死霊館】【ソウ】監督が映画化!

動画サイトに公開されるやいなや、「怖すぎる」「眠れない」など切迫したコメントの数々がSNSを中心に爆発的な勢いで拡散され、大騒動を巻き起こした実在の恐怖映像。
なんと1億5,000万回再生というクレイジーな数字が残され、現在も記録を更新し続けている。

この実在の恐怖映像は、『死霊館』『ソウ』シリーズのホラーマスターにして生きるレジェンド、ジェイムズ・ワンをも動かした。彼の製作のもと映画化が実現、大スクリーンで見るには危険すぎる最恐ムービーの誕生だ!

電気を消したら”それ”は来る─
─ オフィス、夜道、そしてあなたの部屋まで。
どこへ逃げても、そこに暗闇がある限り──。

ひとり暮らしのレベッカは、幼い弟から、「電気を消すと、何かが来る」と打ち明けられる。
実はレベッカが数年前に家を出たのも、”それ”が原因のひとつだった。
レベッカは脅える弟のために、今度は逃げずに”それ”の正体を突き止めようと決意する。
沢山の電気を用意して実家に乗り込む彼女だったが、母が隠していたあまりにも残酷な秘密が明らかになった時、ひとつ、またひとつ、電気が消えていく──。
“それ”はいったい何なのか?なぜ襲いかかって来るのか?
81分間、ノンストップで泣き叫ぶか、凍り付くか、いずれにしても

あなたは二度と電気を消せない──。

引用:ライト/オフ オフィシャルサイト

ニャンコ
ニャンコ
あらすじだけでも怖くて漏れそう・・・ 
黒猫
黒猫
トイレで電気消した瞬間”それ”が出てくるぞ!
ニャンコ
ニャンコ
マジでやめろー!! 

画像2(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

キャスト

レベッカ:テリーサ・パーマー

映画の主人公。
実家を離れ一人暮らしをしているが、弟のマーティンから「電気を消すと、何かが来る」と打ち明けられ、正体不明の”それ”に立ち向かう。


© 2017 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

マーティン:ガブリエル・ベイトマン

レベッカの幼い弟。
母親ソフィーを愛しているが、ソフィーと一緒にいる正体不明の”それ”に怯えている。


© 2017 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

ブレット:アレクサンダー・ディペルシア

レベッカの彼氏。
見かけによらず優しく、レベッカマーティンを”それ”から守るために奮闘する。


© 2017 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

ソフィー:マリア・ベロ

レベッカマーティンの母親。
うつ病を患っており、暗闇に向かって話かけている時がある。
何か重大な秘密を抱えているらしい。


© 2017 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

感想

ストーリー

メッチャクチャ怖い映画ですね・・・

「お金あげるからもう一度映画観る?」って聞かれたら、間違いなくこう答えますね。

絶対に観ない!

電気を消したら”それ”が来るとかダメでしょ!

電気消せなくなるじゃん!

ニャンコ
ニャンコ
映画観た日の夜は眠れないくらい怖かった・・・
黒猫
黒猫
それぐらい怖いよな・・・

何が怖いって、いきなり暗闇から”それ”が現れて襲いかかってくるんですよ!

心臓に悪いったらありゃしない!

映画観賞中に何度”ビクッ”としたことか・・・
これで病気が悪化したら訴えてやるからな!

黒猫
黒猫
誰をだよ!w
ニャンコ
ニャンコ
もちろん”それ”だよ! 
黒猫
黒猫
今夜寝るときに電気消したら”それ”が出てくるぞ?
ニャンコ
ニャンコ
すみませんでした!訴えませんので許して!

ストーリーは主人公であるレベッカが幼い弟のマーティン、彼氏のブレット共に暗闇から襲いかかってくる”それ”を倒し、レベッカの母親を救う!って感じですね。

映画序盤から中盤にかけては、暗闇から襲いかかる”それ”に一方的にやられてしまいますが、終盤は母親を除く3人で”それ”に対抗しようとします。

母親ソフィーが住むレベッカの実家に電気を付けて泊まり込みます。

画像3(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

しかし電気を付けていたにもかかわらず、家は突然の停電で真っ暗になってしまいます。

ニャンコ
ニャンコ
停電とかマジでやめろ!

ここからがメッチャ怖いんですよね・・・

まずは手始めにレベッカの弟マーティン”それ”に襲われます。

マーティンは明かりとしてロウソクを持っていたのですが、ロウソクの明かりが届かない暗闇から”それ”に襲われ、暗闇に引きずり込まれます。

画像4(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

ニャンコ
ニャンコ
マーティン!ビビるな頑張れ!蹴りを入れろ蹴りを! 
黒猫
黒猫
威勢いいなwそんなこと言ってるぞ今夜”それ”が来るぞ?
ニャンコ
ニャンコ
はい!申し訳ありませんでした!!

何とか逃げ延びたマーティンは、レベッカと合流しますが、”それ”の罠にかかり地下室に閉じ込められてしまいます。

地下室に閉じ込められたレベッカ達を救おうとする、彼氏のブレットが奮闘しますが”それ”に襲われ、1人で車に乗り逃げてしまいます。

ニャンコ
ニャンコ
レベッカの身体目当てのクズ男め!
黒猫
黒猫
いやいや、ブレッドはMVP級の活躍をするぞ?

この地下室がメッチャ怖いんですよね・・・

ただでさえ地下室って不気味なのに、暗闇から”それ”が襲いかかってくるかもしれないんですもんね。

レベッカ達は、偶然拾ったブラックライトを”それ”に当てると”それ”は実体化し、そこに光を当てると”それ”にダメージを与えることが出来ると気がつきます。

画像1
© 2017 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

ニャンコ
ニャンコ
ここから逆転劇の始まりだ!
黒猫
黒猫
そういう映画じゃないからw

ここまで勇気を出して映画を観れれば、あとはどうにか頑張れました。

ひたすら”それ”が怖くて、明るい電車内で映画を観ていたことは内緒ですw

気になる”それ”の正体については、この後説明します。

黒猫
黒猫
それ、それ、それ、いい加減に名前を出せよ!と思っていたところだw   
ニャンコ
ニャンコ
ネタバレが嫌な人は気をつけてね

”それ”の正体

”それ”の正体は、レベッカの母ソフィーの友達であるダイアナという女性。

ソフィーは昔、精神を病み精神病院に入院しておりました。

そこで出会ったのがダイアナ

しかしダイアナは、”精神を他人の頭に入り込ませる悪魔の子”として恐れられていました。

同時にダイアナは重度の皮膚病を持っており、強い光を苦手としておりました。

ある日、精神病院の治療の一貫で、ダイアナを椅子に拘束し強い光を与えました。

ニャンコ
ニャンコ
本当に治療だったのかは不明・・・

すると事故が起こり、ダイアナは光と共に消滅し死んでしまいました。

ここからは推測ですが、ダイアナは死んでおらず、死ぬ寸前にソフィーの頭の中に入り込んだんだと思います。

そしてソフィーと共に生き続け、ソフィーとの仲を邪魔する存在を片っ端から排除するモンスターとなったのです。

ニャンコ
ニャンコ
リングの貞子みたいな奴だな・・・ 

映画ラストで、ソフィーが自らの頭を銃で打ち抜き死亡したことにより、ダイアナも消滅したように見えました。

しかしダイアナが現れる前兆である電灯の点滅があったので、おそらくダイアナは消滅せず存在し続けているんでしょうね。

ニャンコ
ニャンコ
何と別エンディングがあるらしい! 

そう!別エンディングがあるんです。

どうやらDVDに特典として入っているエンディングで、結果的に本採用には至りませんでしたが、こちらのエンディングはダイアナと決着をつけております。

YouTubeに上がっていましたが、いつか削除されるかもしれないので今のうちにご覧ください。

ニャンコ
ニャンコ
日本語字幕はないので、フィーリングで観てくださいw

エンディングの内容としては、マーティンの母親であるソフィーが亡くなったため、レベッカは裁判所にマーティンの保護者になる申請を行っていました。

そして無事申請がとおり、晴れてレベッカマーティンの保護者となり、正式な家族となったのです。

ある日の夜、物音で目覚めたレベッカは、おかしなことを口走るマーティンを見つけます。

マーティンは、「まだダイアナがいる」と言うのです。

黒猫
黒猫
ダイアナ、しぶといなw

突然背後からダイアナに襲われるレベッカ、しかしレベッカは事前に準備をしておりました。

レベッカがスイッチを押すと、部屋中に高性能のブラックライトとライトがつき、ダイアナは悲鳴をあげながら完全に消滅しました。

以上が別エンディングのあらすじです。

ニャンコ
ニャンコ
こっちのエンディングのほうがスッキリする気がする! 

まとめ

映画を観た後は、電気を消すのが怖くなる、そんな映画です。

暗闇から突然現れる”それ”の描写は本当に恐ろしく、ニャンコは”それ”が出てくる度に悲鳴をあげてしまいました。

黒猫
黒猫
ニャンコにしては、良く頑張って映画を観たよw
ニャンコ
ニャンコ
ホラー、ビックリ系が好きな人におすすめです♪

確かに怖かったですが、映画はとても楽しめる内容です。

これからも楽しい映画に出会っていきたいですね♪

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

ABOUT ME
nyanko
映画とゲーム、そしてカラオケをこよなく愛するニャンコです。 「猫でもわかる映画ブログ」は、映画が好きで本当は毎日観たいけど忙しくて中々観れない、そんな人に向けておすすめ映画の簡単あらすじ&ポイントを、可愛いネコ達がわかりやすく紹介するブログです。 たまにゲームやカラオケのことも記事にするかと思いますが、同じ趣味の人とつながっていけたら嬉しいです。 一緒に映画を楽しみましょう!